WordPressのプラグインを更新したらエラーメッセージだけが表示されて 管理画面にログインできない場合の対処法

      2017/11/10

こんにちは!りょうへいです。

ここ最近、当ブログの環境がかなり危険な状態になっていて、もうブログ更新できないかと思うような事態に遭遇していました。

しかし、なんとか復活できて更新もできましたので、今回はそんな非常事態からの復旧方法について書いてみようと思います。(^^;

これだけは最初にお伝えしておきたいので書いちゃいます。

WordPressのプラグインの更新は気軽に即行ってはいけません!

それに伴い、WordPressの更新自体も気軽に行ってはいけません…

これで今回りょうへいは痛い目にあいました…orz

安定した環境で稼働しているときは、まるごとバックアップしておくのも、また良いかと思われます!

 

事の発端はプラグインの何気ない更新通知からはじまる

WordPressって管理画面で、更新状況をしっかりとお伝えしてくれますよね。

プラグインの更新もそれぞれ更新版が登場しました!インストールする?? みたいな感じでとても親切な案内が表示されます。

そこまで丁寧に案内してくれるのならば、最新版を適用しようじゃないか!

なんて気持ちになり、つい更新を実施したのが事の発端でした….

一応、更新バージョンが自分のWordPressのバージョンにあっているのか?

なんて詳細を表示してみたりしてはいました。

「お使いの WordPress のバージョンと互換性があります。」

なんて表示が出ているとさらに安心してしまい、つい更新を実施しちゃいますよね….

すると….

 

更新後に管理ページ移動してもエラーメッセージしか出ない!

これにはビビリます。

 

更新したのは、プラグインの更新だけなのに、管理ページを開こうとするだけで、こんなエラーが登場してしまいました….orz

こうなると、もうプラグインを停止させるしかりません。。。

しかし、管理画面にはログインできない….(# ゚Д゚)

 

そんな時は、該当プラグインを自力で停止させる!

だって、管理画面にログインできないんですのもの!

強制停止させてみました。

その方法は FTPでログインしてプラグインのフォルダの名前を変更しちゃいます!

 りょうへいの環境では

/public_html/column/wp-content/plugins 

にインストールしたプラグインが入っていましたので、この中の該当フォルダの名前を変更してしまいました!

すると、管理画面に再度アクセスしてみると…つながりました!

とりあえず、プラグインの状態を確認してみたところ、停止状態になっていたようです。

その後、WordPress 4.8.1 も降ってきていたので、思わず更新して、別なプラグインでも同様の状況に陥ったりとトライアンドエラーを繰り返していましたが、とりあえず、管理画面にログイン表示もできなくなってしまう事態になったら、こんな感じで解消しています。

とりあえず、なんとか安定環境に戻ったので、今後は、更新されたプラグインの評判などもチェックしたり、復元の準備を整えてから更新を実施したいなあと思いますがつい最新バージョンが出ると入れてしまいたくなる人柱根性がつい出てしまうりょうへいでした。

 - CMS, Tips, WordPress, レンタルサーバ, 設定, 雑記 , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。